MENU

食事で摂るには

 
DHAやEPAは食事だけで摂るためには、どのくらい魚を食べればいいかということになります。それを調べてみますと、意外にたくさん食べなければならない、ということに気づくはずです。しかしながら、実際にその量を食べようと思いますと、とても大変だと思います。

それを毎日となりますと、食べ過ぎで肥満になったりすることもあるかもしれません。ですから、無理をしてその量を食べるということでなくてもいいと思いますが、いろんな食べ物を効率よく食べることを考えながら、無理のない食事をしてもらいたいと思います。

また、無理のない食事をしようと思いますと、栄養の摂取量が足りないのではないかと思うかもしれませんが、メインは食事で摂取することが重要で、それがバランスの良い健康的な体を作ることにつながるのです。バランスの良い食事というのは材料を多く買わなければならないこともあって、独り暮らしではどうしてもそこまで買うことはできないと思う方もいるとは思います。

ただ、最近では独り暮らしの場合はコンビニエンスストアの惣菜を有効に活用して栄養のバランスを考えてもらいたいと思います。そうした積み重ねがDHAやEPAの摂取にもつながりますし、ほかの栄養素ももれなく摂取することができるのです。

毎日、買いもをして自分で作るのは大変なことかもしれませんが、自分なりに工夫をして、組み合わせていく中で魚を食べてDHAやEPAも摂取してもらいたいと思います。

デリケートゾーンの黒ずみが簡単に消えます

 

食事では足りないかも

 
DHAやEPAは結構な量を食べなければ摂れないと思うかもしれませんが、その足りない分に関してはサプリメントを服用して補うことが必要になります

サプリメントについては1日の服用が書かれておりますので、必要以上に飲むこともいけませんし、それ以下でもいけません。それは過剰摂取によっても、何らかの影響が出る可能性があるからです。それによって、栄養のバランスも崩れますし、食事をしているのに栄養失調と呼ばれてしまうのはそういったところにも起因しているのです。

また、DHAとEPAは調理法によっては、本来含まれている量を摂取することができなくなることもあります。そういうところも考えながら食事をするのはとても難しいことではないかと思います。特に少食な方にとっては、食べる量を考えますと相当な無理があると感じるはずです。

それを補うのがサプリメントの仕事ということです。たいていの方は栄養を摂取するために、たくさん食べることはほとんど不可能なことです。

DHA,EPA,摂取量

そして、DHAとEPAを食事とサプリメントで摂取することによって、必要な量を賄うことができるということになり、無理をして大量に食べるようなことがないようにしていただき、食事ではバランスと多くの種類を食べることを考えて食べてもらいたいと思います。食事はそれぞれ少しずつでもいいと思います。それがバランスの偏りや全体的に栄養が欠如するようなことがなければ、特に問題はありません。
 

効率よく摂るには

 
DHAやEPAは本来、魚を刺身で食べる、焼いて食べるのがいいと言われております。しかも、鮮度がいいうちにすぐに食べることが最も多くそれらの栄養素を含んでいるといわれております。

それは鮮度が落ちると酸化して壊れやすい栄養素であるということに理由があります。

ちなみに煮物については、魚から出る出汁も薄味にしておいて飲むということも栄養素が染み出ているということで効果的なのではないでしょうか。そうしたことによって、ちょっとの量で多くの栄養を摂取することができるのです。

特にマグロやカツオ、サバなどについては、よく居酒屋やすし屋でヅケという形で出てきますが、そこにはゴマや青紫蘇が乗っていると思います。それは青紫蘇が生魚の鮮度を維持するためでありますが、ゴマはゴマに含まれている成分であるセサミンというのが、DHAやEPAの吸収力を高めてくれるからです。

DHA,EPA,摂取量

魚が傷んで酸化しない、効果的に栄養を吸収してくれるという組み合わせとして知られています。

ただ、すしが好きだからといいましても、そこまで頻繁にすし屋には行くことはできないと思います。カウンターで握るお寿司屋さんでは値段が高いということもありますし、回転ずしでは思ったよりもお金のことを気にして食べなければならないと思うはずです。

ですから、居酒屋でマグロのヅケ、いろんな魚のあら、しかも目の裏はDHAの宝庫です。身に含まれているEPAとともに、きれいに食べることができればかなりの成果が出るはずです。

ニキビ跡